自己紹介でやる気をアピール!面接で好印象を与えるコツを伝授/The Job Offer

自分をアピールしよう

面接の際に必ずあるのが自己紹介。自己紹介は、自分をアピールする大事な場面です。しかし、中にはどのように自己紹介でアピールすれば良いのか分からないと悩む方も多いのでは無いでしょうか。確かに、自分を面接官にアピールするのは緊張することです。しかし、ここできちんとアピールに成功することで、雇いたいと面接担当者に思わせる事が出来ます。事前に話したい内容を予め決め、内容を整理しておくといいですよ。

自己紹介で何を話せばいい?

これまでの学歴、または職歴

面接時、学歴または職歴を伝える必要があります。その中でも学歴や職歴は得たものもどう応募先の企業に活かせるかをアピールすることが出来るので非常に大事です。特に面接官に興味を持って貰える内容をメインにすることで、上手く自分をアピールできます。

前職で身につけたスキル

次に、前職から同じ職種で転職する場合はスキルや実績を伝えると良いでしょう。スキルを伝える事で、応募先企業で即戦力になれるかどうかを知ってもらう事が出来ます。異なる職種の場合はどの職種でも通用するスキルを持っている事をアピールするといいです。

自己PR

自己紹介の際に印象を残す為にも、自身の強みや志望理由を面接官に事前に伝えておくと良いでしょう。印象に残れば、後から質問して貰える可能性もあるので、より自分をアピール出来る機会を作る事が出来ます。

好印象を与えることが大事

男女

面接のときの自己紹介と言えば、高校の受験でも行われてきたことでしょう。こうした面接を受ける前にどうしても気になってしまうことは多々あります。当然のことですが、いったい何を質問されるのかということは一番心配ですが、まずは自分のことを上手に紹介することが大事です。今は書店でもこうした類の対策が紹介されている本があり、またインターネットからの情報も豊富に得ることができますから、そうしたもので万全な対策を練ることができます。そして、実際に相手を前にしての対応も十分に考えておかなければいけません。面接で大切なことは印象です。いかに相手に好印象を与えて自己紹介ができるか、これは面接では最大の課題になります。あまりにも緊張しすぎてしまい、なかなかうまく話せないという場合も大いに考えられるでしょう。ガチガチになった体では、歩くときにもかなり不自然になってしまいます。こうした緊張をなくすためにも普段からの努力は大切です。

志望動機を具体的にする

履歴書

面接では自己紹介が大事ですが、やはり志望動機というものもかなり重要視されてきます。どうしてこの業界で働きたいのか、また数ある会社の中で何故この会社に入りたいのか、こうした問いに明確に答えることが大事です。憧れや夢といった安易な答えは相手の心に届きません。こうした答えは小学生に将来なりたい職業を訊かれたときに多く答えられる内容になりますから、とても幼稚な考えだと思われてしまう恐れがあります。ではいったいどういう志望動機なら高い評価を得ることができるのか、ここが気になるところでしょう。志望動機をまとめるとき、まず大事なことはその会社に入社したら自分はどんな仕事をしたいのかという点を、できる限り具体的に言葉にすることが必要になります。これができていれば志望動機の内容に説得力を出すことができるでしょう。そのためには志望する会社を見つけたら、その会社のことをさらに詳しく調べておくことが大事です。

広告募集中